株初心者がベトナム株に挑戦!

株初心者がハノイで生活しながら、ベトナム株に挑戦。ベトナムでの生活も織り交ぜます。

ベトナム株 3月11日~15日のパフォーマンス

今週一週間はほとんど、動きがありませんでした。
なんか、ビックイベント控えてましたっけ?

米中の貿易摩擦案件が先延ばしになったので、買いにくいのかな?


投資金額10,000USD。増益率・増益額は買い付け金額に対してです。
( )内数字は先週末時点での利益率。

  銘柄  E1VFVN30(ETF
  株数  3500
  増益率 2.51%(1.64%)
  増益額 1,314,250VND


  銘柄  FUESSV50(ETF
  株数  4000
  増益率 6.75%(5.47%)
  増益額 3,390,000VND

  銘柄  ビナミルク
  株数  600
  増益率 -1.70%(-1.70%)
  増益額 1,424,628VND


  銘柄  ビングループ
  株数  250
  増益率 3.64(3.11%)
  増益額 1,041,523VND

為替の影響もありますが、投資金額10,000ドルに対して、9499ドル。
今週は先週末に比べて約50ドルほど上げました。

先週50ドル下げ、今週50ドル上げ、といった感じです。

以上

ベトナム株 2019年3月4日~8日までのパフォーマン

今週一週間は弱かったですね。
ビナミルクは一時期、含み益が8%までいったのですが、
この2週間ほどで一気にマイナスに。

米朝合意なしによる急落が痛かっったですが、そこから戻せてません。

でも、ビングループは買っといてよかったと思います。
動きを見てても、やっぱり強いなーと感じます。

投資金額10,000USD。増益率・増益額は買い付け金額に対してです。
( )内数字は先週末時点での利益率。

  銘柄  E1VFVN30(ETF
  株数  3500
  増益率 1.64%(1.51%)
  増益額 859,250VND


  銘柄  FUESSV50(ETF
  株数  4000
  増益率 5.47%(4.28%)
  増益額 2,750,000VND

  銘柄  ビナミルク
  株数  600
  増益率 -1.70%(1.45%)
  増益額 1,215,372VND


  銘柄  ビングループ
  株数  250
  増益率 3.11%(4.28%)
  増益額 891,523VND

為替の影響もありますが、投資金額10,000ドルに対して、9445ドル。
今週は先週末に比べて約50ドルほど下げました。

感覚的にはもっと下げていたと思ったのですが、そうでなかったですね。

以上

ベトナム株 2019年2月25日~3月1日のパフォーマンス

昨日の米朝首脳会談に大きく足を引っ張られました。

こちらの昼休み時間に「米朝間で合意できず」のニュースが流れ、
後場寄り付きから一気に下げました。
ビナミルクは4%以上も下げました。

で、「合意できず」とベトナム株はいったい何の関係があるのでしょう?
今回の結果の解釈は国によってまちまちではないでしょうか?
日本などはむしろ、安易なところでトランプさんに合意されるよりは、
よかったと言えると思います。

ベトナムは正直、そこまでの関係はなく、会場がベトナムだったというだけで、
狼狽売りが出たのではないでしょうか。

で、冷静になった今日は、全体的に上げてます。

ビングループも下がったので、買えるだけ買っておきました。


投資金額10,000USD。増益率・増益額は買い付け金額に対してです。
( )内数字は先週末時点での利益率。

  銘柄  E1VFVN30(ETF
  株数  3500
  増益率 1.51%(2.81%)
  増益額 789,250VND


  銘柄  FUESSV50(ETF
  株数  4000
  増益率 4.28%(6.67%)
  増益額 2,150,000VND

  銘柄  ビナミルク
  株数  600
  増益率 1.45%(6.83%)
  増益額 1,215,372VND


  銘柄  ビングループ
  株数  250
  増益率 4.28%(15.90%)
  増益額 141,523VND

為替の影響もありますが、投資金額10,000ドルに対して、9496ドル。
今週は先週末に比べて約250ドルほど下げました。

根拠のない下げなので、来週は買い戻されると思うし、ビナミルクは絶好の買い場だと思います。

以上

金正恩将軍様のご到着

北朝鮮金正恩が大きな混乱もなく、本日午前、ハノイに到着したようです。

ハノイ市内は、歓迎ムードを設えるかごとく、いつの間にか米朝首脳会談の看板が現れました。

f:id:kawachiiine:20190226162132j:plain
f:id:kawachiiine:20190225203650j:plain
f:id:kawachiiine:20190226162152j:plain

 

将軍様の滞在先はハノイ中心部にある5つ星のメリアホテルで、昨日、夕方、ふらっとホテル前を歩いてみたら、おばさんたちが急ピッチで、花で両国の国旗を作っていました。

f:id:kawachiiine:20190226162242j:plain

 

そんで、今日は朝からホテル周辺は交通が規制され、公安も至る所に警備に立ち、世界中からメディアが来ています。

f:id:kawachiiine:20190226162216j:plain
f:id:kawachiiine:20190226162210j:plain
f:id:kawachiiine:20190226162201j:plain
f:id:kawachiiine:20190226162220j:plain
f:id:kawachiiine:20190226162206j:plain

 

また、ホテルから歩いてすぐのところ(ハノイ駅の駅前あたり)にメディアセンターが本日、オープンしたようです。

f:id:kawachiiine:20190226162157j:plain

 

何事もなく、終わることを願いつつ。

 

ps:今日のベトナム株は軟調でした。

 



ベトナム株 2019年2月18日~22日のパフォーマンス

さて、地合の良さから今週もしっかり上がってくれました。全4銘柄、利益が出てます。
やはり米中貿易摩擦に関する好材料が入ってきたことでしょうか。

ビナミルクは、プラマイ0になった時点で120株、売りました。
この120株は、昨年秋の無増資分に相当します。

投資金額10,000USD。増益率・増益額は買い付け金額に対してです。
( )内数字は先週末時点での利益率。

  銘柄  E1VFVN30(ETF
  株数  3500
  増益率 2.81% (-0.50%)
  増益額 1,489,250VND


  銘柄  FUESSV50(ETF
  株数  4000
  増益率 6.67% (2.29%)
  増益額 3,350,000VND

  銘柄  ビナミルク
  株数  600
  増益率 6.83%(-0.27%)
  増益額 5,715,372VND


  銘柄  ビングループ
  株数  10
  増益率 15.90%(10.92%)
  増益額 160,523VND

為替の影響もありますが、投資金額10,000ドルに対して、9746ドル。
今週も先週末に比べて約400ドルほど上げました。投資金額までもう少し。

来週はハノイで米中貿易摩擦の進展と、ハノイで行われる米朝首脳会談というビックイベントがあります。
なので、週前半は様子見でしょうね。

以上

ベトナム コンビニ事情 サークルK

ベトナムでは、日本に比べてコンビニは少ないですね。

それでもホーチミンにはファミリーマートセブンイレブンが出店してて、

スイーツや文房具、日用品の品揃えなど日本とほぼ同じで感動した記憶があります。

 

しかし、ハノイでは、その数も少なく、質もまだまだといった感じ。

誰かから聞いた話しだけど、ハノイでは既存の小売り店を保護するための

出店規制があるとかないとか。真偽のほどはわかりませぬが、規制緩和が進めば、

コンビニ関連株は持っていて損はない気がします。

 

で、ハノイではビングループ系のビンマートが主流でしたが、

最近では、サークルkが目立ち始めた気がします。

 

f:id:kawachiiine:20190221003528j:plain

f:id:kawachiiine:20190221003542j:plain
f:id:kawachiiine:20190221003605j:plain
f:id:kawachiiine:20190221003610j:plain

 

ほとんどの店舗には2階にイートインスペースが設けられているようです。

全体的にはビンマートよりも店内は明るく、清潔なイメージ。

置いてあるものも、そこそこコジャレタものがあるような気がします。

 

f:id:kawachiiine:20190221003631j:plain
f:id:kawachiiine:20190221003626j:plain

 

日本製もありますが、写真左のスープが約440円、右の山菜そばのカップ麺が約340円。高い!

 

日本のコンビニでは、コピー機やATMなどがあり、コンビニに行けばだいたいのことが解決できますが、ベトナムではまだそこまでではなく、ベトナムコンビニの伸びしろは大きそうです。

 

以上

 



ジャパン証券 オンライン取引システム バージョンアップ

河内イイネは、ハノイにある日系証券会社「ジャパン証券」というところに口座を持って、
取引しています。

で、18日(月)から新しいオンライン取引システムがリリースされました。
だいぶ使いやすくなった感じです。

一番大きな進歩は、期間指定で売買ができるようになったこと。

そう、信じられないことに、今まで期間指定での取引ができなかったんです。

だから、当日の動きを見て、注文を出しておくしかなく、業務時間中にこそこそ隠れて注文してましたが、
けっこう、売り損じ、買い損じが多かったように思います。

いやー、大進歩、大進歩。これで、安心して本業に集中できます。

ただ、残念ながら逆指値はいまだにできないようです。